2019箱根駅伝の各大学の戦力分析、今回は明治大学です。

箱根駅伝の専門誌(箱根駅伝 2019 完全ガイド 出場23チーム有力選手写真名鑑&戦力分析 (陸上競技マガジン 2019年1月号増刊) [雑誌])も発売されてますので、詳しい情報を知りたい方は購入をお勧めしますが、僕はあくまでも趣味で個人的な見解を書いてます。(もちろん完全ガイドは参考にさせて頂いてます!)

まずは最近の成績から確認します。

箱根駅伝、直近5年間の成績
総合往路復路
2018(第94回)不出走--
2017(第93回)18位17位16位
2016(第92回)14位17位9位
2015(第91回)4位2位6位
2014(第90回)6位7位7位

大昔には優勝経験もある明治ですが、第68回~第80回まで13年連続で箱根駅伝には出場していませんでした。駅伝の強化に乗り出してからは順調に強くなり、第85回大会から第91回大会まで6年連続でシード権を獲得。第88回は3位、第92回は4位となりました。
古豪復活か?と思われましたが近年は低迷しており、前回はまさかの予選落ちという結果になりました。

2019箱根駅伝予選会の結果
No氏名学年順位・タイム
155角出 龍哉116位1:04:45
156阿部 弘輝8位1:02:16
157三輪 軌道59位1:03:57
158中島 大就85位1:04:24
159佐々木大輔48位1:03:44
160南 俊希280位1:07:53
161岸 哲也206位1:06:00
162斉藤 寛明107位1:04:41
163村上 純大118位1:04:47
164小袖 英人46位1:03:41
165前田 舜平-
166鈴木 聖人49位1:03:45
167中嶋 大樹138位1:05:06
168手嶋 杏丞-

駒澤、順天堂に次いで3位通過でもおかしくないと個人的には予想していました。
結果は5位通過でしたが、去年予選落ちの悪夢を考えると上々の成績ではないでしょうか?

エース阿部は全体8位のさすがの走りで、佐々木(48位)、三輪(59位)、中島(85位)など3年生が頑張りました。

2年生小袖(46位)、1年生鈴木(49位)がいきなりの好記録で楽しみな存在です。鈴木は5千m13分台のタイムを持つスピードランナーですが、いきなりのハーフに対応できるとは思いませんでした。日本人の1年生ではトップのタイムです。

1万m28分台の4年生坂口や成長著しい2年生の前田など、今回走れなかった主力選手が戻ってくれば全日本・箱根はさらに上位を狙えると思いました。

2018全日本大学駅伝の結果
区間氏名
・学年
区間記録
・順位
総合順位・記録
1区
(9.5km)
鈴木聖人
27分59秒
(区間15位)
14位 27分59秒
2区
(11.1km)
阿部弘輝
32分12秒
(区間2位)
6位 1時間00分11秒
3区
(11.9km)
三輪軌道

34分57秒
(区間6位)
5位 1時間36分40秒
4区
(11.8km)
小袖英人
35分26秒
(区間9位)
6位 2時間10分34秒
5区
(12.4km)
村上純大

36分57秒
(区間7位)
6位 2時間47分31秒
6区
(12.8km)
斉藤寛明
38分56秒
(区間11位)
8位 3時間26分27秒
7区
(17.6km)
角出龍哉
53分58秒
(区間12位)
7位 4時間20分25秒
8区
(19.7km)
佐々木大輔
60分12秒
(区間13位)
9位 5時間20分37秒

全日本大学駅伝では惜しくもシード権を獲得できませんでした。

1区鈴木、3区三輪は明らかに力を出し切れていませんので、箱根予選の疲れもあったのかなと思います。
駅伝ではなかなか噛み合わないレースが続きますね。


最近のレースですが、明治大学体育会競争部の公式HPで確認します。

2018八王子ロングディスタンス
期日:11月24日(土)
<出場選手>
◆男子10000m 
◇5組
 中島   大就 30′07″01 26着 
◇6組
 阿部   弘輝 27′56″45 3着※自己ベスト更新

2018関東学連10000m記録挑戦協議会
期日:11月24日(土)
<出場選手>
◇10組
 斉藤   寛明 29′21″48 3着 ※自己ベスト更新
◇11組
 鈴木   聖人 29′12″71 3着 ※自己ベスト更新
 角出   龍哉 29′15″60 5着 ※自己ベスト更新
◇12組
 三輪   軌道 28′53″36 19着 ※自己ベスト更新
 小袖   英人 28′54″75 22着 ※自己ベスト更新
 村上   純大 28′58″16 24着 ※自己ベスト更新
 佐々木   大輔 28′58″25 25着 ※自己ベスト更新

特筆すべきはエース阿部が八王子ロングディスタンスで10000m27分台を出し、学生トップランナーになりました。青山・東洋・東海の3強にも27分台ランナーはいません。凄いです。

関東学連の記録会では4人(三輪、小袖、村上、佐々木)の選手が28分台を記録しました。

4年生坂口、3年生中島も加えるとチーム内に7人の28分台ランナーがいます。ただ、中島は八王子ディスタンスで記録が出なかったのが少し心配です。

なお、箱根予選・全日本に出場できなかった4年生エース坂口は11/18上尾ハーフを走っています。1時間4分01秒は及第点ですが、箱根本番には調子を上げてきそうです。

第31回上尾シティマラソン
期日:11月18日(日)
<出場選手>
 酒井   耀史 1:03′36 34位 BEST
 手嶋   杏丞

 1:03′44 

 41位 BEST
 河村   一輝 1:03′56 54位 初
 名合   治紀 1:04′01 58位 初
 坂口   裕之 1:04′01 59位 初
 岸   哲也 1:04′11 63位 BEST
 前田   舜平 1:04′14 71位 BEST


2019箱根駅伝の区間エントリー予想


区間氏名学年備考
1区(21.3㎞)三輪   軌道
2区(23.1㎞)阿部   弘輝
3区(21.4㎞)坂口 裕之
4区(20.9㎞)小袖   英人
5区(20.8㎞)酒井   耀史
6区(20.8㎞)鈴木   聖人
7区(21.3㎞)中島 大就
8区(21.4㎞)村上   純大
9区(23.1㎞)佐々木大輔
10区(23.0㎞)角出   龍哉


なかなかのチーム編成ができました

1区三輪は最近のレースで安定感抜群で、直近で10000mベストも更新しているのでチームで一番安定している選手ではないかと。出遅れたくない1区に向いてる気がします。

2区の阿部は説明不要ですが、唯一不安なのは八王子ロングディスタンスで記録を出し過ぎてしまったこと。八王子で記録が出過ぎた選手は正月に調子を落とすジンクスがあるので、コンディションさえ良ければ、区間賞候補の一人になると思います。

3区は主将の坂口。上尾ハーフを走ってなんとか目途が立ってきました。箱根までの残り1ヵ月でもっと調子を上げてくると信じています。

4区小袖は全日本は不発に終わりましたが、そのほかのレースは好走しています。箱根予選も好記録でしたし、往路を走る選手の一人だと思います

5区はさっぱりわかりませんが、(箱根駅伝 2019 完全ガイド 出場23チーム有力選手写真名鑑&戦力分析 (陸上競技マガジン 2019年1月号増刊) [雑誌])で2年生酒井が5区候補と書いていたので、そうなんだと思います(笑)ただ、上尾ハーフはチーム一番手で走ったので、箱根本番にエントリーされる可能性は高いと思います。


6区は1年生鈴木のスピードを活かすのが面白いかな~と思います。箱根予選でいきなり1時間3分台(1年生の日本人で1位)にはびっくりしました。スタミナにも不安はないので、往路を走るかも知れませんが、6区の方がプレッシャーは少ない気がします。

7区中島は本来の実力からすると往路を走りそうですが、八王子ロングディスタンスがイマイチだったのでここにしました。前回は青学:林が優勝を決めた区間ですので、今回は7区の重要度が増す気もします。中島の爆発に期待したいところです。

8~10区はいい選手が残ってるな~という感じです(笑)選手層が厚いですよね。8、9区に10000m28分台の選手を並べられるチームはなかなか無いと思います。仮にここまででシード権外だったとしても、十分巻き返せます。そう考えると、チーム全体が思いっきり走れる気もします。10区角出は最初で最後の箱根駅伝ですが、ばっちり決めてくれそうです。

過去3年の成績が信じられないくらいの戦力を有しているチームです。とりあえずシード権獲得が目標になりますが、それ以上の結果になってもおかしくはありません。

6-02


スポンサードリンク