12月29日に2019箱根駅伝の区間エントリーがいよいよ発表されました。

今年もあとわずか、箱根駅伝もいよいよ迫ってきました!

さて、区間エントリーは正競技者10名、補欠競技者6名以内が発表されています。

ただし、箱根駅伝では当日のメンバー変更が可能です。以下は開催要項から抜粋します。
1)   往路、復路とも、当日レース開始 1時間 10 分前に受け付ける。 
2)   正競技者と補欠競技者の交替は 4名までとする。 
3)   変更は正競技者と補欠競技者との交替のみとし、正競技者間での区間変更は認めない。

重要なのは、区間エントリーで正競技者で登録された選手は他の区間を走れないことです。走力があってコンディションが悪くない選手はまず変更されないので、各校の区間配置がかなり判明しました。反対に補欠に回った選手はどこの区間にも配置できますので、当日変更されそうな選手がどこを走るのか?これを予想する今が一番楽しいです(笑)。あと3日ほどは監督になったつもりで色々と戦略を考えることができます。


事前の予想では優勝候補は3強と呼ばれている青山学院大学、東洋大学、東海大学と予選会トップの駒澤大学までの4校と見ていました。4校に続くのは帝京大学、拓殖大学、法政大学、法政大学と見ていましたが、区間エントリーで異変はあったでしょうか?


本記事では、シード10校+駒澤大学の区間エントリーを分析してみます。

(予選会突破校については記事はコチラです。)
関連記事:

青山学院大学

区間氏名学年1万mPB
1区(21.3㎞)橋詰 大慧28.28.08
2区(23.1㎞)梶谷 瑠哉28.39.07
3区(21.4㎞)森田 歩希28.44.62
4区(20.9㎞)岩見 秀哉28.49.13
5区(20.8㎞)竹石 尚人29.22.79
6区(20.8㎞)小野田勇次28.57.30
7区(21.3㎞)林 奎介28.40.11
8区(21.4㎞)飯田 貴之
9区(23.1㎞)吉田 圭太28.27.40
10区(23.0㎞)吉田 祐也29.17.48
補欠橋間 貴弥29.08.85
補欠湯原 慶吾28.53.57
補欠生方 敦也29.08.39
補欠鈴木 塁人28.31.66
補欠神林 勇太29.23.52
補欠山田 滉介429.21.74

※赤字往路当日変更
※青字復路当日変更


このままのメンバーでも優勝候補かも知れない青山学院大学。
しかし、エースの4年生森田と3年生鈴木が補欠に回っています。

森田は普通に考えたら2区なんですが、原監督は変えてきそうな気はしてました。梶谷選手もメンバーから外れる選手ではないので2区はそのままかな?そうなると森田、鈴木がどこに入ってくるのかさっぱり読めません。
※森田選手は怪我もあったようです。

2年生岩見は三大駅伝初出場でも往路にエントリーされると思っていました。交代の可能性もありますが、僕はこのまま走ると予想します。

サプライズは3区1年生湯原ですね。このまま使って欲しい選手ですが、さすがに3区はプレッシャーが大きいような・・・。ただ、原監督は思い切った采配もするのでそのまま起用する気もします。

当日変更では3区にエースの森田選手が入ってきました。原監督の選手の見極めはほぼ外さないので、状態は良いのでしょう。往路はさらに盤石な体制となりました。

それ以外はほぼ順当ですね。復路が強すぎて眩暈がしそうです(笑)

東洋大学

区間氏名学年1万mPB
1区(21.3㎞)西山 和弥28.35.72
2区(23.1㎞)山本 修二28.50.64
3区(21.4㎞)吉川 洋次28.53.51
4区(20.9㎞)相澤 晃  28.17.81
5区(20.8㎞)田中 龍誠29.20.02
6区(20.8㎞)今西 駿介29.17.37
7区(21.3㎞)小笹 椋429.01.06
8区(21.4㎞)鈴木 宗孝 29.17.89
9区(23.1㎞)中村 拳梧29.21.96
10区(23.0㎞)大澤 駿  29.16.92
補欠土壁 和希29.46.26
補欠野口 英希29.45.11
補欠小室 翼 30.18.46
補欠浅井 崚雅29.35.05
補欠大森龍之介29.19.93
補欠田上 建29.42.12

※赤字往路当日変更
※青字復路当日変更


エース級では4年山本、3年相澤を隠してきました。
しかし、故障でも無い限り2区か4区にエントリーされると思うんですが・・どちらかは復路に残す作戦も考えているのかも知れません。

全日本を欠場した2年生吉川も3区にエントリーされています。シンスプリントは長引く怪我なので心配していましたが、万全の状態に戻ったと信じますが、3区交代の可能性もありそうな気はします。

期待の1年生鈴木も補欠に入ってますね。上尾シティハーフを1時間2分台で走っているので、どこかにはエントリーされると予想します。

4年生中村も調子が良さそうですので、復路もなかなかのメンバーになってますね。往路で青山から先手を取れれば、追撃を凌げるかも知れません。

当日変更は2区山本、4区相澤となりました。2区と4区は逆かなと思っていましたが、山本の調子がよほど良いのでしょうか?とはいえ順調な配置になったので楽しみです。

東海大学

区間氏名学年1万mPB
1区(21.3㎞)鬼塚 翔太28.17.52
2区(23.1㎞)湯澤 舜 29.13.44
3区(21.4㎞)西川雄一朗
4区(20.9㎞)館澤 亨次
5区(20.8㎞)西田 壮志28.58.74
6区(20.8㎞)中島 怜利 29.15.38
7区(21.3㎞)阪口 竜平
8区(21.4㎞)小松 陽平 28.35.63
9区(23.1㎞)湊谷 春紀28.41.77
10区(23.0㎞)郡司 陽大29.05.28
補欠東 優汰
補欠鈴木 雄太29.21.82
補欠河野 遥伎29.31.50
補欠松尾淳之介28.50.94
補欠關 颯人28.23.37
補欠本間 敬大
※赤字往路当日変更
※青字復路当日変更


1区、2区、5区が鍵だと思っていましたが、こうきたか~という感じです。

1区鬼塚は全日本から復帰し、状態はさらに良くなっているでしょう。ここはこのままエントリーされる可能性が高そうです。
2区湯澤は出雲・全日本を安定して走っていますが、2区で区間賞までは狙えないと思います。ここは我慢の区間になるかも知れません。1時間8分台で走れば十分な気はします。
5区は事前の情報とおり2年生西田でした。平地のスピードでは青学:竹石にも負けないと思うので、あとは山の適正次第だと思います。

ただ、エースの關、舘澤を補欠にしましたね。小松も上尾シティハーフで4区本間、8区松尾、9区鈴木よりタイムが良かったのでこの3人はどこの区間に入ってもおかしくない選手です。往路に入るとすれば、2、3、4区はどこが変わってもおかしくなさそうです。

当日変更では4区に舘澤が入りました。区間賞候補だと思うので、4区で一気に流れを作るかも知れません。

潜在能力は青山にひけを取らないチームなので、非常に楽しみです。

駒澤大学

区間氏名学年1万mPB
1区(21.3㎞)片西 景28.37.41
2区(23.1㎞)山下 一貴 28.31.89
3区(21.4㎞)中村 大聖 29.45.29
4区(20.9㎞)加藤 淳   28.36.59
5区(20.8㎞)伊東 颯汰28.34.91
6区(20.8㎞)中村 大成29.12.12
7区(21.3㎞)小島 海斗29.39.91
8区(21.4㎞)伊勢 翔吾  29.21.04
9区(23.1㎞)堀合 大輔29.10.53
10区(23.0㎞)下 史典28.56.24
補欠小原 拓未29.18.27
補欠原嶋 渓29.47.66 
補欠白頭 徹也29.14.33
補欠大坪桂一郎30.10.34
補欠神戸 駿介30.01.42
補欠花崎 悠紀
※赤字往路当日変更
※青字復路当日変更


3強に次ぐ戦力を有する駒澤大学。
エース片西と絶好調の2年伊東を補欠にして隠しました。故障でも無い限り往路を走りそうな二人ですが、どうなるでしょうか?1区片西、5区伊東が濃厚な気はしますが、そうなるとあまり隠した意味が無いんですよね。もしかしたら、その他の区間に不安があるのかも知れません。

上尾シティハーフで結果を出した2年生コンビ小島・小原がいよいよ駅伝デビューとなりそうです。どこまでやれるか楽しみですね。来年はチームの主力選手になるでしょう。復路は10区下の状態が良ければメンバー変更無しの可能性もあります。ただ、箱根予選会で好記録だった4年伊勢もメンバー入りしそうですので、そうなると10区伊勢でしょうか?

当日変更は1区片西、5区伊東となりました。1区は片西が入って区間賞争いが激しくなりそうです。5区伊東はスピードでは他校の5区選手達に負けないので楽しみですね。

課題の5、6区を乗り切れたら上位は間違いないと思います。

本記事の参考書籍




早稲田大学


区間氏名学年1万mPB
1区(21.3㎞)中谷 雄飛 29.07.77
2区(23.1㎞)太田 智樹28.56.32
3区(21.4㎞)千明龍之佑29.10.27
4区(20.9㎞)清水 歓太29.24.33
5区(20.8㎞)大木 皓太29.39.90
6区(20.8㎞)渕田 拓臣31.51.60
7区(21.3㎞)真柄 光佑29.54.25
8区(21.4㎞)太田 直希29.26.60
9区(23.1㎞)新迫 志希29.07.06
10区(23.0㎞)小澤 直人29.34.44
補欠宍倉 健浩29.17.12
補欠永山 博基 28.25.85
補欠吉田 匠29.58.90
補欠伊澤 優人29.44.03
補欠半澤 黎斗 29.25.05
補欠向井 悠介29.32.41
※赤字往路当日変更
※青字復路当日変更

エースの4年生永山と3年生太田がエントリーされた時はおっ!と思いましたが、2人とも補欠になりました。果たして走れる状態なのかどうか・・・当日までわかりません。

1年生のスーパールーキー中谷も補欠に隠しました。1区か2区ではないかと予想しますがどうでしょうか?
近年は出雲・全日本を失敗しても箱根ではきっちり結果を出してきた早稲田大学。今回の区間エントリーを見る限りはさすがに厳しい気がしますが、底力を見せてくれるでしょうか?

当日変更は1区中谷、2区太田が入りました。中谷は予想されたとおりですが、1区は激戦になりそうなのでどこまでやれるか楽しみです。太田は2区を走れる状態まで戻ったようで、良かったです。

日本体育大学


区間氏名学年1万mPB
1区(21.3㎞)池田 耀平29.13.11
2区(23.1㎞)山口 和也 28 56.05
3区(21.4㎞)岩室 天輝29.20.58
4区(20.9㎞)廽谷 賢 29.23.01
5区(20.8㎞)室伏 穂高29.14.84
6区(20.8㎞)濵田 諒29.27.67
7区(21.3㎞)志賀 康太29.28.85
8区(21.4㎞)森田 諒太 29.18.75
9区(23.1㎞)林田 元輝29.26.62
10区(23.0㎞)中川 翔太28.59.46
補欠宮﨑 勇将29.11.16
補欠白永 智彦29.34.62
補欠冨田 真佑29.44.63
補欠亀田優太朗29.27.87
補欠福住 賢翔29.53.03
補欠大内 宏樹29.45.08
※赤字往路当日変更
※青字復路当日変更

3年生中川、廽谷が補欠に回りました。
ただ、往路のメンバーは順当な気がしますので交代があるとすれば復路かな~と思います。

ゲームチェンジャーはいない反面、全体のレベルは高いです。6区で強かったOBの秋山みたいな選手が現れれば、一気に上位進出が見えてきます。

当日変更は4区に廽谷が入りました。4区も各校の主力選手が揃いましたね。

法政大学

区間氏名学年1万mPB
1区(21.3㎞)佐藤 敏也28.35.98
2区(23.1㎞)坂東 悠汰 28.44.87
3区(21.4㎞)岡原 仁志29.47.14
4区(20.9㎞)狩野 琢巳29.35.64
5区(20.8㎞)青木 涼真29.30.64
6区(20.8㎞)坪井 慧 29.48.33
7区(21.3㎞)土井 大輔29.06.65
8区(21.4㎞)鎌田 航生 30.30.84
9区(23.1㎞)大畑 和真29.32.92
10区(23.0㎞)鈴木 亮平29.48.84
補欠増田 蒼馬29.42.88
補欠強矢 涼太30.00.14
補欠矢嶋 謙悟29.14.03
補欠松澤 拓弥29.50.06
補欠寺沢 玄31.10.06
補欠田辺 佑典29.55.19
※赤字往路当日変更
※青字復路当日変更

1区は誰かなと思っていましたが、4年生の八嶋でしたね。1万mのタイムからすると順当な配置かも知れませんが、世田谷ハーフが復調気配ぐらいだったので意外でした。
2区のエース坂東と5区青木は変更ないでしょう!ただ補欠に大畑、佐藤が残っているので、1,3、4区は交代の可能性もありそう。3区まででトップと2分差以内だと前回5区区間賞の青木が控えているので面白くなりそうですね。

当日変更は1区佐藤が入りました。先手を取って、5区青木までに一つでも上の順位を狙いたいです。

復路はさすがに4強に比べると戦力が落ちますが、往路で3位以内に入れば流れにのって上位進出がありそうです。

城西大学

区間氏名学年1万mPB
1区(21.3㎞)鈴木 勝彦29.08.01
2区(23.1㎞)金子 元気 29.10.04
3区(21.4㎞)中島 公平28.51.95
4区(20.9㎞)西嶋 雄伸 28.44.15
5区(20.8㎞)服部 潤哉29.26.39
6区(20.8㎞)松尾 鴻雅 29.39.53
7区(21.3㎞)雲井 崚太29.48.13
8区(21.4㎞)大石 巧 29.01.87
9区(23.1㎞)中原 佑仁29.33.40
10区(23.0㎞)大里 凌央29.28.67
補欠峐下 拓斗29.18.47
補欠荻久保寛也28.37.66
補欠宮澤 真太29.48.23
補欠野上 亮祐29.46.69
補欠山本 嵐30.54.74
補欠菊地 駿弥30.44.72
※青字復路当日変更

1〜3区は実力者を揃えたので変更は無さそうですが、少し意外でした。理由は現在チーム最強の3年生荻久保が抜けているからです。4強のエースにも負けない選手が補欠に回ったので、どこを走らせるのか読めません。往路は変更なさそうなメンバーなので復路になるのでしょうか?それとも走れない選手がいるのかな?

あと、上尾シティハーフで63分台を出した大里、雲井の2年生コンビも復路にエントリーされると予想します。また出雲・全日本は外れましたが前回8区4位で11/24の1万m記録挑戦会で自己ベストを更新した4年生大石もメンバー入り思います。

過去最高順位(6位)超えを狙えそうな布陣になりました。

拓殖大学


区間氏名学年1万mPB
1区(21.3㎞)赤﨑 暁28.53.89
2区(23.1㎞)W・デレセ 28.14.49
3区(21.4㎞)馬場 祐輔28.43.72
4区(20.9㎞)石川 佳樹29.16.75
5区(20.8㎞)戸部 凌佑29.34.46
6区(20.8㎞)硴野 魁星28.55.30
7区(21.3㎞)吉原遼太郎29.15.12
8区(21.4㎞)白髪 大輝 29.33.57 
9区(23.1㎞)清水 崚汰29.44.01
10区(23.0㎞)松岡 涼真30.25.80
補欠竹蓋 草太
補欠楠本幸太郎29.55.58
補欠佐藤 広夢- 
補欠澤田 大輝30.15.87
補欠五十嵐大己30.19.39
補欠青柳 拓郎30.28.42
※赤字往路当日変更
※青字復路当日変更


4年生馬場を補欠にしましたね。普通に読むと3区か4区になりそうですが、どうでしょうか?
1区赤﨑、2区デレセは強力で5区戸部も前回の実績がありますので、6区までは強力なメンバーになりそうです。

上尾シティハーフで63分台だった4年生白髪も補欠に控えていますが、7区以降はやや手薄感があります。ただ、全日本を欠場しているチームなので隠し玉がいるかも知れません。今回はかなり面白いチーム仕上がっています。

当日変更は3区に4年生馬場が入りました。往路に主力をつぎ込みましたね。往路は3強にも対抗できるメンバーだと思います。

帝京大学

区間氏名学年1万mPB
1区(21.3㎞)竹下 凱29.09.66
2区(23.1㎞)畔上 和弥 28.41.68
3区(21.4㎞)遠藤 大地 28.34.88
4区(20.9㎞)横井 裕仁 28.32.30
5区(20.8㎞)小野寺 悠29.14.22
6区(20.8㎞)島貫 温太28.30.52
7区(21.3㎞)岩佐 壱誠
8区(21.4㎞)鳥飼 悠生 29.45.58
9区(23.1㎞)小森 稜太29.49.40
10区(23.0㎞)星 岳29.12.09
補欠濱川 駿29.32.60
補欠谷村 龍生- 
補欠岡 智洋29.46.21
補欠田村 丈哉29.41.49
補欠平田幸四郎29.13.11
補欠吉野 貴大29.17.30
※赤字当日変更

今大会最大のダークホースの呼び声が高い(個人的に)帝京大学。惚れ惚れするチームになりました。

往路メンバーは非常に強力で、復路にも島貫、小森、星など期待の新戦力が控えています。1万mチームトップの島貫は往路に入るかと思っていましたが、6区も面白いですね。青学:小野田に対抗できる力はあると思います。上尾シティハーフで62分台を叩き出した星がアンカーに控えており、往路次第では優勝の可能性もあると思っています。

4年生横井が補欠に回ってますが、どこに入ってくるでしょうか。前回、前々回と好走した6区ではなさそうなのですが、まったく読めません。前回3区を走った4年生濱川もエントリーされてもおかしくない選手です。

当日変更では4区に横井が入って、往路はさらに盤石となりました。青学の原監督もかなり帝京大学を警戒しているようです。

2019の箱根駅伝は4強ではなく、帝京も入った5強になるかも知れません。

中央学院大学

区間氏名学年1万mPB
1区(21.3㎞)川村 悠登28.39.39
2区(23.1㎞)髙橋 翔也 28.54.68
3区(21.4㎞)栗原 啓吾 29.51.31
4区(20.9㎞)有馬 圭哉29.08.76
5区(20.8㎞)高砂 大地28.54.13
6区(20.8㎞)樋口 陸29.08.46
7区(21.3㎞)吉田 光汰29.42.65
8区(21.4㎞)大濱 輝 29.28.99
9区(23.1㎞)釜谷 直樹29.34.53
10区(23.0㎞)石綿 宏人29.11.06
補欠藤井 雄大29.42.22
補欠福岡 海統29.15.89
補欠長山 瑞季29.26.27
補欠市山 翼29.04.74
補欠畝 歩夢29.59.30
補欠 廣 佳樹 29.08.46
※青字復路当日変更

故障者続出で出雲・全日本で苦戦を強いられた中央学院大学。区間エントリーを見る限り、かなり良くなってきましたね。

驚いたのは5区高砂。箱根に間に合うかな〜と言った感じでしたが、まさかの5区とは・・これは期待して良いのでしょうか?

全日本を外れた今期の成長株の3年河村も予想通りの1区にエントリーされました。

逆襲の準備は整ったと見ます。


全体の感想として、4強プラス帝京大学の充実ぶりに変化はありませんでした。ただ、やはり青山学院大学が一歩リードしていると思います。東洋は選手層の薄さ、東海は山と2区の不安、駒澤は全体のスピード面でそれぞれ弱点があります。東洋と東海はハマれば強そうで、駒澤は安定感がありそうですが、爆発力に欠ける気がします。帝京は往路を上位で乗り切れれば相当面白いと予想しています。


箱根駅伝が終わってもを楽しみたい方へ。
ベースボールマガジン社
2019-01-09

箱根駅伝に触発されてランニングを始める方に一番おススメするのは時計です。毎日の記録を見ると、モチベーション上がります。

スポンサードリンク