C級1組順位戦は杉本昌隆七段と藤井聡太七段の師弟昇級なるか?ということで、非常に盛り上がりましたね。

まず状況の確認ですが、C級1組順位戦は上位2名が昇級できます。
本日(2/5)の対局前は杉本七段が全勝で首位に立っており、藤井七段も同じく全勝なんですが、順位の差(簡単に言うば前年までの実績の差)で2位となっている状況でした。

順位戦C級1組

順位戦の対局者は開幕前に全て決められています。
本日の対局では現在首位の杉本七段と4位の船江六段、そして2位の藤井七段と3位の近藤五段の対局が偶然に組まれていました

もし杉本七段と藤井七段がともに勝てば、3/5の最終対局の結果に関わらず昇級が決定します。また、師弟が同じクラスで共に昇級するというのは将棋界では非常に珍しい(初めてかも?)状況でマスコミの注目度も高くなっていました。なにかしら注目を集めるように状況になってしまうのが、藤井七段の「もってる」ところなんでしょうね。

藤井七段は現在絶好調(10連勝中)でしかも一般に不利と言われる後手番で圧倒的な強さを見せていました。本日の対戦相手、近藤五段は段位こそ藤井七段より低いもの、通算勝率は7割を超えており、実力は若手棋士でもトップクラスです。藤井七段でも一筋縄で勝てる相手ではないと思っていましたが、本日の対局は藤井七段が有利な先手と決まっていたので、藤井七段が勝つのではないかと予想していました。


しかし・・・・


結果は藤井七段、杉本七段が共に敗れました


こういう情報はテレビでは正確に伝わりにくいようで、N〇Kでも「藤井七段、杉本七段は今季昇級することができなくなりました。」というような報道になっていました。アナウンサーやディレクターも将棋の専門家ではないので状況判断は難しいですよね。実際のところは藤井七段、杉本七段には昇級の可能性が残されています。ただ、順位が低い藤井七段が昇級するためには、3/5の11回戦で近藤五段、杉本七段、船江六段の三人のうち二人が負けて且つ藤井七段が勝たなければいけないという非常に厳しい状況です。杉本七段は次局で勝てば順位の差で昇級できます。


それにしても、後手番で藤井七段を撃破した近藤五段は強いです!

棋譜を解析してないので、藤井七段の敗着は僕にはわかっていません。ただ、僕が藤井七段のほんのわずかな弱点だと思っている「持ち時間が少ない状況で大局観を間違える。」という展開だったように見えました。

IMG_20190206_005321_075

上図は82手目△9八歩と打たれた局面です。
▲9八同歩が普通の手に見えますが、藤井七段は▲2二歩成、△同銀、▲3五桂から一気に攻め込む手順を選択します。

上述のとおり、棋譜解析はしてないのでこれが敗着かどうかはわかりませんが、この踏み込みが危険だったようには見えました。

とはいえ、藤井七段が読み間違えるよう展開(時間が無かったことも含めて)に持ち込んだ近藤五段の強さが際立った将棋だったと思います。

早速、将棋YouTuberのアユムさんが早速、順位戦C級1組最終戦のシュミレーションをされています。


将棋の強さを表す尺度の一つにレーティングというのがありますが、それで勝敗を予想すると、藤井七段が昇級する可能性も残されてはいます。そうはいっても、昇級は他力本願の状況ですので極めて難しくなったと言えます。

藤井七段には史上最年少での名人獲得という難易度の高い記録の更新が期待されていましたが、やはりそう簡単にはいきませんね。また順位戦の連勝記録も歴代1位タイの「18」でストップし、新記録達成とはなりませんでした。

まぁ、負けたことがこれだけニュースになること自体が凄いんですけどね。
僕自身も藤井七段が負けたことが珍しいという感覚になっていましたが、歴代最強(かも知れない)の羽生九段でも通算勝率7割を少し超えるぐらいです。そう考えると、一局負けたぐらいで(僕も含めて)騒ぎすぎではあります。

ただ、藤井七段の年間最高勝率の記録更新なども難しい状況にはなりましたね。

次局は朝日杯の準決勝になりそうですが、調子を立て直すことができるでしょうか!?

スポンサードリンク