箱根駅伝を楽しむためにチェックしている2019関東インカレの5000mの結果について感想を書きます。

関連記事:
 2019関東インカレハーフマラソンの結果と感想
 2019関東インカレ10000mの結果と感想
 2019関東インカレ1500mの結果と感想
公式結果:
 関東学生陸上競技連盟ホームページ

1部5000m決勝

順位氏名所属記録
1ジェームズ ブヌカ(2)駿河台大13:45.03
2ライモイ ヴィンセント(2)国士大13:47.05
3ポール ギトンガ(3)国士大13:55.38
4佐藤 敏也(4)法大13:59.51
5相澤 晃(4)東洋大14:05.84
6荻久保寛也(4)城西大14:06.01
7阿部 弘輝(4)明大14:07.29
8三浦 拓朗(2)中大14:09.55
9鈴木 聖人(2)明大14:09.56
10菅原 伊織(3)城西大14:10.66
11鬼塚 翔太(4)東海大14:10.97
12關 颯人(4)東海大14:16.39
13西川 雄一郎(4)東海大14:16.90
14太田 智樹(4)早大14:17.14
15吉里 駿(3)駿河台大14:23.25
16西山 和弥(3)東洋大14:26.06
17川澄 克弥(4)大東大14:27.24
18岡原 仁志(4)法大14:27.56
19中川 翔太(4)日体大14:28.23
20中谷 雄飛(2)早大14:29.13

駿河台大学のブヌカ選手が23日の10000m決勝に続いて1位となりました。10000mの疲れもある中で凄いですね。10000mの時にも書きましたが、1年生の時よりもパワーアップしており、箱根予選会でも個人1位候補になりそうです。


国士大のヴィンセントとギトンガ選手が2位と3位に入りました。ヴィンセントは10000m4位から2位、ギトンガは10000m19位から3位にアップしました。メンバー的には5000mの方がレベルが高かったと思うので、この二人は5000mの方が得意なのかな?ヴィンセントが今年の国士館でもエースになりそうです。


4位は法大:佐藤選手が入り、10000mに続いて日本人トップとなりました。東洋:相澤選手に勝ったのは自信になると思います。20kmぐらいへの対応力はまだわかりませんが、スピード能力は他大学の日本人エースより1枚上なようです。


5位の東洋:相澤選手は箱根以降も強いレースが続いていましたが、今回は先週の日本選手権の疲れがあったのかな?日本人大学生で今最も強い選手だと思いますので、コンディションが合った時には留学生にも負けない走りを見せて欲しいです。


昨季に急成長した城西大:荻久保選手はここでも6位に好走しました。安定感も抜群で、高校時代はほぼ無名の選手から大学トップクラスまで成長しました。山梨にもこんな選手が出てこないかな~。


気になったのは今季は最強だと思われる東海大の4年生エース級3人が10位以下に沈んでしまったことです。
鬼塚選手は昨秋以降、徐々に調子が良くなっていましたが、もっと走れる選手です。関東インカレも5000m、10000mとも本来の走りは出来ていないと思います。
關選手は箱根駅伝も欠場しましたが、黄金世代と言われる東海大学の現4年生の中でもトップの実力を持った選手です。昨年から怪我が続いて、なかなか万全の走りが見られません。秋にはトップコンディションの關選手が見たいです。
西川選手は昨季は三大駅伝フル出場で箱根では優勝に貢献しました。今季はさらなる飛躍が期待されるところですが、13位は不本意な成績だったのではないでしょうか?


他では早稲田のエース太田選手が10000mでは復活に近い走りを見せましたが、その疲れもあったのか5000mは14位という結果になりました。同じく早稲田の2年生エース中谷も1500mは予選落ちで5000mも20位という結果でした。中谷選手も5月に28分台ランナーになったばかりで調子は悪くないハズで、関東インカレは疲労かコンディションが合わなかったようです。


2部5000m決勝
順位氏名所属記録
1レダマ キサイサ(4)桜美林大13:44.57
2イェゴン ヴィンセント(1)東国大13:47.20
3ワンブア タイタズ(3)武蔵野大13:47.60
4ダニエル カヨウキ(1)桜美林大13:53.28
5ノア キプリモ(1)日薬大14:02.35
6浦野 雄平(4)國學院大14:06.98
7田澤 廉(1)駒大14:10.83
8ラジニ レメティキ(1)拓大14:12.15
9島貫 温太(4)帝京大14:20.78
10長谷川 柊(4)専大14:25.79
11越川 堅太(4)神奈川大14:30.23
12遠藤 大地(2)帝京大14:33.09
13岸本 大紀(1)青学大14:34.39
14鈴木 塁人(4)青学大14:36.79
15伊東 颯汰(3)駒大14:39.79
16中村 友哉(4)青学大14:42.58
17岩佐 壱誠(4)帝京大14:44.13
18葛西 潤(1)創価大14:48.43
19上田 結也(4)創価大14:55.14
20岩崎 太洋(3)上武大14:55.43

2部は留学生が上位を占めましたね。

桜美林大学は今回の関東インカレ10000mを優勝したキサイサ選手と1500mを優勝したカヨウキ選手を擁します。5000mでどっちが勝つのか注目していましたが、キサイサ選手に軍配が上がりました。これで2冠達成ですね。桜美林大学のホームページによると、次の目標は9月の全日本インカレ5000m連覇と10月の箱根駅伝予選会でのチーム10位台だそうです。


東京国際大学は10000mはルカ ムセンビ選手が走りましたが、5000mはヴィンセント選手が走って2位となりました。ともに1年生ですが、駅伝シーズンはどちらが走るんでしょうかね?どちらにしても、今年の東国大は日本人ルーキーも含めてかなり強そうな気はしています。


日本人トップは國學院大:浦野選手。10000mに続いて日本人トップとなりましたが、他大学のエースよりも少し上の力がありそうです。駅伝ではこういった流れを変えられる選手が一人いると強く、今年の國學院も要注意です。


驚いたのは駒澤のルーキー田澤の7位入賞です。高校時代から5000m13分台の自己ベストを持つ世代トップの選手でしたが、いきなり上位に食い込んでくるとは思いませんでした。箱根の距離に対応できるかどうかはわかりませんが、出雲・全日本はエントリー候補となりそうです。


配なのは青山学院大学で10000mに続いて5000mも上位に入る選手はいませんでした
鈴木選手は10000mに続いて下位に沈みましたが、今年はキャプテンでチームを引っ張るエースでもありますが、関東インカレでは結果が出ず・・・。色んなプレッシャーがあるかも知れませんが、秋には調子を上げてくると期待しています。
ルーキーの岸本選手の13位は悪くない結果ではあります。他校のエース級選手も苦しんだレースになりましたので、秋の駅伝ではレギュラー候補に挙がってくるかも知れません。


帝京大学の島貫選手(9位)、遠藤選手(12位)、岩佐選手(17位)ももっと走れても良さそうかな~。
島貫選手は10000m28分30秒の自己ベストを持ってますし、遠藤選手も1年生から主力選手として大活躍しました。岩佐選手も3月の日本学生ハーフマラソンで8位入賞しています。ハーフの中村選手、星選手も上位に入れませんでしたし、全体的にコンディションが合わなかったのかな?ただ、選手層の厚さは改めて感じました。
しかし、帝京大学は主力選手のほとんどが高校時代はそこそこの選手なんですよね。育成力が凄いです。





sports_marathon_man

スポンサードリンク