2018年頃からブログはオワコンでYoutubeの市場が伸びるという説が広まりました。


この説が広まった事自体が(一部の)インフルエンサーが稼ぐための仕掛け作りだった気もしますが、概ね間違っていない説だとは思います。



要はテキストを読むユーザーが減り、動画を視聴するユーザーが増えるという意見、それが今後も加速するのでYoutubeに参入するべきというのが論旨です。その流行で2018年は多くのブロガーがYoutube参入しました。


私自身もブログよりYoutubeを見る時間が増えているので、上記の予想は間違ってはいないと思います。


しかし、2019年6月現在、個人的には今からYoutubeで戦うのは無理かなと感じています
Youtubeが厳しくなると感じた理由は最近デビューした2人のYoutuberを見てからです。


①イトシンtv

1つ目は私の趣味である将棋に関するチャンネルです。
イトシンさんは日本将棋連盟に所属する本物のプロ棋士:伊藤真吾五段です。イトシンtvは伊藤五段が運営するチャンネルで将棋実況などを行っています。



今までYoutubeでの将棋実況はアマチュア棋士の専売特許でした。なぜなら、プロ棋士は将棋の対局料で飯を食っているので、将棋に勝たなければお金がもらえません。そうなるとYoutubeなんてやってる暇はなくて、対局の無い日は将棋の勉強をするのが日常でした。


しかし、将棋実況チャンネルの視聴者がだんだん増えており、そこそこの収入を稼ぐことが出来るコンテンツとなってきました。そうなるとプロ棋士がYoutubeに参入してくるのは自然の流れです。


失礼を承知で言いますと、伊藤真吾五段は将棋界で一流と言われる成績ではありません。しかし、世に沢山いる将棋系Youtuberに比べると格段に上の実力を持っています。
(アゲアゲさんは互角くらいの実力があるかも知れませんが。)


視聴者としてはレベルの高い将棋実況が見たいって人が多いですよね。すると、既存の将棋系Youtuberの視聴者がイトシンtvに流れることになります


Youtubeの弱点は一日の視聴時間が限られることです。例えば、社会人で家族がいてランニングしてブログを書いている私はどんなに頑張って将棋実況チャンネルを見るのは一日一時間ぐらいです。今、私はアユムさんの将棋実況を中心に見ていますが、イトシンtvを見るようになると自然にアユムさんの動画を見ることが出来なくなってしまいます。


恐ろしいのはイトシンさんがきっかけで、他のプロ棋士もYoutubeに参入する可能性があることです。そうするとアマチュア将棋Youtuberは相当に工夫しないとプロに太刀打ちできなくなります。(ちなみに私は今のところ、アユムさんのチャンネルの方が好きなので、イトシンtvに流れることはありませんが。)

剣



②中田敦彦のYoutube大学

もう一つはオリエンタルラジオの中田敦彦氏が運営するチャンネル。私はこのチャンネルにめちゃくちゃハマっています。プロ芸人のトークってやっぱすげぇなと思うし、教養がテーマというのも戦略的だなと感じています。おそらく中田氏はYoutubeで天下を取りますね。

世界史が嫌いだった私でも面白かった授業↓↓


中田氏は本当に頭が良い人だなと思います。トークが面白いのは去ることながら、歴史を学ぶという事の本質も理解されているので、年号を暗記するというつまらない授業ではなくて、大人になっても役立つ教養を知ることができます。


お笑いではなく教養をテーマにした理由はおそらく、子どもを意識しての事だと思います。


今、子どものYoutube視聴率は相当高いですが、面白系動画がメインです。親としては、そんな動画ばかり見ている子どもが心配になります。(下ネタも多いですしね。)


中田氏の動画は子どもに見てもらいたいぐらいのレベルに仕上がっています。これはYoutubeに革命を起こすんじゃないかと予想しています


ただ、Youtubeへの参入を考えている人からすると脅威です。これだけのトーク力と知名度そして資金力を持つ素人はいませんからね。


今までにもお笑いのプロが作った動画(PPAPとか)はありましたが、本格的にYoutubeに参入し、しかも天下を取るかも知れないと思ったのは中田氏が初めてです。Youtubeで人気を獲るためには、今後はこのレベルの人と戦わなければいけません。


Youtubeの市場が拡大すると言っても、Tv・ネットフリックス・アマゾンプライム・スカパー・Abemaなど動画ジャンルは昔以上に飽和状態です。人間が動画を見る時間は限られているので、Youtubeの視聴時間が現在の2倍とかにはならないんじゃないかなと予想しています。(あくまで国内の話です。世界を狙うんだったら話は違うかも。改めてPPAPって良く考えられてますよね~)


とりあえず、Youtubeの参入も無理ゲーになりつつあるのではないでしょうか?

絶望(男)

スポンサードリンク