昨年開催された第42回オセロ世界選手権は日本の小学生、福地啓介さんが優勝しました。


小学生で世界一って凄いですね~。


福地さんが世界選手権の代表に選ばれたのは、2018年に『オセロ小学生グランプリ』で優勝したからです!


そんなブームに乗った訳ではありませんが、本日(6/9)は子どもをオセロ小学生グランプリ2019中・四国ブロック大会に出場させてみました。

【会場】
IMG_20190609_120941

IMG_20190609_121049

IMG_20190609_121122

IMG_20190609_121132

約40名くらいの参加者がおり、5回戦までの勝ち数を競います。勝ち数が同じ場合は5回戦までで取った石の数で順位が決まります。


上位4位までに入ることができれば、8月に開催される全国大会の出場権を獲得できます。


さて、うちの子がどれくらい強いかと言うと・・・・


正直良くわからないんですよね~


僕は将棋は自称三段の実力を持っており、県大会ではすぐ負けるレベルですが、相手の強さぐらいはわかります。(クリリンみたいなもんです。)オセロもそこそこ強いんですが、本とか読んで勉強したこともないし、大会に出場したこともありません。自分の強さも良くわからないので、子どもの強さも不明です(笑)。


そこで、数か月前からオセロクエストというアプリを始めました。このアプリは対戦を重ねていくうちにレーティングと級位が上がっていくんですが、一応僕の強さはレーティング1300台で3級ぐらいだと言うことが判明しました。ちなみにこのアプリのトップクラスはレーティング2300を超えるような方がいます。


うちの子どもはオセロクエストなどで対戦を重ねて強くなりました。僕もガチで戦って負けることがあります。オセロクエストのレーティングは僕の方が上ですが、序盤の進め方は子どもの方が上手です。ただ、終盤はまだまだ甘いかな~という感じです。子どもって感覚は素晴らしいんですが、じっくり2手3手先を考えるのが苦手ですね。


という訳で、優勝は無理だろうけど、実力試しの意味で参加させてみました。

オセロ大会
【福地さんの影響か昨年より参加者が多かったそうです。】


さて、うちの子の結果は・・・


3勝2敗とまずまずの成績でしたが、さすがに上位4名に入ることはできませんでした。
(予想では1勝くらいしかできないと思っていたので、意外な好結果でした。)


1回戦で対戦して負けた子が4位以内に入りましたが、手も足も出ないという感じではありませんでした。まぁ、オセロは相手の強さがわかりにくゲームなので、石の差以上に力の差があったかも知れませんが。


あと、思ったのは40人のレベルの差がありすぎですね。ほぼ初心者みたいな子もいれば、物凄く強い子もいました。上位の子には僕では全く歯が立ちそうに無かったです。


オセロクエストは個人的にR1400に壁があると思っていて、ここを超えると相手がメチャクチャ強いです。
小学生の地方大会はオセロクエストのR1400以上ある子どもだったら、まあ上位に入れる気がしました。
(ただ、中・四国はおそらくレベルが低いので、他ブロックではもっと強くないとダメかも知れませんが。)


全国大会で上位に入るにはR2000以上は必要なのではないでしょうか?


ちなみに、中・四国ブロックの予選は終わりましたが、まだ申込可能な地方予選もありますので、興味のある方はオセロ小学生グランプリ2019の公式サイトをご覧ください。



スポンサードリンク