岡山県在住の私ですが、平成30年7月豪雨から1年が経とうとしています。


本記事は災害に被災して学んだことと、少しだけ岡山県の現状をお伝えします。


(C)全国農業協同組合連合会 岡山県本部ホームページ
©全国農業協同組合連合会 岡山県本部ホームページ


岡山県は南部は瀬戸内海に面していて、北部は山間部となっています。
県内には中国山地を源流とした一級河川(高梁川、旭川、吉井川)が流れています。豊富な水資源に恵まれている反面、川の勾配が急なため大雨が降ると、洪水となって一気に流れ出して下流に大きな洪水被害を与えることとなります。


平成30年7月豪雨災害の時も、大雨が降ったのは北部ですが、被害が大きかったのは南部でした。


僕は岡山県の北部に在住しています。
豪雨災害の被害は7月6日(金)、7日(土)頃に全国に報道されましたが、雨は7月3日(火)から降り始めました

雨
ただ、5日(木)頃は個人的にはまったく危機感がありませんでしたね。
(雨、全然止まないなぁ。ランニングできんな~。)ぐらいの感じでした。


6日(金)はさすがにヤバい雰囲気になっていました。岡山県は「晴れの国」とも言われていますが、こんな長雨は今まで経験したことが無かったからです。川の水も見たことないぐらいの水量になっていました。前日は子どもと一緒に川を見に行ってワチャワチャ楽しんでたんですが・・・。


6日の夕方にはあちこちの川が氾濫するのではないかという情報が流れました。
twitter

その時、僕が何をしていたかと言うと、会社にいました。どんな被害が出るか予測がつかないので、交代で誰が会社に残った方が良いだろうということになったからです。


会社に残っていてもすることが無いので、各地の被害状況などを調べていました。ただ、ニュースなどでも正確な情報がほとんどありませんでした。というのもあまりにも危険過ぎてテレビなども取材が出来る状況ではなかったからです。そうなると、Twitterやfacebookなどの情報で川が氾濫している情報を知ることになりました。Twitterは信頼性は乏しいものの、貴重な情報源でした。あとは、自治体のホームページは頼りになりましたね。観測情報(http://www.bousai.pref.okayama.jp/bousai/observation/)や河川カメラ(http://camera-kasen.bousai.pref.okayama.jp/kasen/rivercameralist.html)は確認すべきだと思います。


夜11時30分頃に謎の光と音を感じました。これは後でわかったんですが、岡山県総社市にあるアルミ工場の爆発事故があったためです。原因は溶解炉内の高温のアルミの溶湯と浸水による大量の水が接触したことによる水蒸気爆発が起こったためと言われていますが、僕がいた場所は工場から50kmぐらい離れた場所でしたが、光と音ははっきりと感じました。(当時は)この原因不明の光を見た時に、もしかしたら危機的な状況なのかも知れないと覚悟しました。


7日(土)の午前1時頃に交代で自宅に帰れるようになりました。


ただ、僕は職場から家まで30km以上離れており、各地で川が氾濫しているという情報もあったため、家に帰った方が危なくね!?と思いました。というか、そもそも帰れる気がしませんでした。


それで、会社に残るかどうか悩んだんですが、自宅がどうなっているのか心配もありました。というのも家族は高台にある小学校に非難していて、自宅の状況が全くわからなかったからです。


考えた結果、ちょっとでも危ないと思ったら引き返す前提で、家に帰ることにしました。(これは褒められた行動ではないかも知れません。)幸いに家までの道路で水浸しになっているような所はなく、なんとか帰宅することができました。自宅も浸水被害などはなく、ちょっと怖かったけど自宅の2階で寝ることとしました。


翌日は、雨量が減ってとりあえず危機的な状況は脱していましたが、被害の全容が明らかになりました。ご存知のとおり倉敷市真備町の浸水被害は同じ県内とは思えない状況となっていました。


7日はスーパーやコンビニに何も商品が無い状態でしたが、僕はそこまで困った記憶はありません。幸いに僕が住んでいる地域は停電にならなかったので、冷蔵庫に食料があったからです。逆に言うと、停電になっていたら、もっと被害が大きかったと思います


8日には雨量がだいぶ少なくなり、9日(月)にやっと雨が止んで、ほっとしたことを覚えています。




さて、僕がこの災害を経験して学んだ一番大切な事は人間は自然には勝てないという事実です。災害に備えられることもいくつかありますが、多分あまり意味がなくて、とりあえず逃げる場所を知っておくことが重要かなと思いました。


命さえ助かれば何とかなります。


もう一つ言えば、大雨で危険なのはバックウォーター現象です。これは川と川の合流地点で起こる現象で、本流の流量が多すぎると支流の水が押し戻される現象です。そうなると支流の水位が上昇して川が氾濫することになります。


倉敷市真備町も小田川という高梁川の支流がバックウォーター現象で推移が上昇し、堤防を決壊したため、広い地域で浸水することになりました。あまりニュースになっていませんが、倉敷市真備町以外でもバックウォーター現象で川が氾濫しています。なので、大雨の時は特に川と川の合流地点で注意が必要です。まぁ、そんな知識もそれほど必要ではなくて、とりあえず川の近くから逃げてください。



さて、災害から1年経った岡山県ですが、今は普通に生活するには何の問題も無い状況です。
もちろん、倉敷市真備町などまだ復興できてない地域はあるし、崩れたままの道、河川には氾濫した痕跡も残っています。ただ、旅行などで岡山にやって来て困るようなことは100%ないと断言します。



今年は逆に雨が少なくて、水不足の方が心配な状況です。この週末は雨が降りそうなので、ちょうど良いくらいになりそうです。とはいえ、昨年の記憶が残っていますので、大雨警報や長雨の予報を見るたびに心配になる日々が続きそうです。
スポンサードリンク