またまた青山学院大学がやってくれましたね~


青学大に新戦力台頭 松葉慶太、中村唯翔が全日本大学駅伝の登録メンバー入り


大学三大駅伝第2弾の全日本大学駅伝は11月3日に開催されますが、登録メンバーの申込は本日(10月9日)に締め切られています。近いうちに公式ホームページでも登録メンバーの発表があると思いますが、原監督はまたしてもフライング発表しました。


優勝候補かどうかは出雲駅伝の結果次第ですが、とりあえず現時点で13人の登録メンバーと戦力を分析してみます


氏名

1万mPB

5千mPB

備考

鈴木 塁人(4)28:31.6613:53.20出雲エントリー
生方 敦也(4)29:08.3913:59.61出雲エントリー
竹石 尚人(4)29:22.7914:05.40出雲エントリー
中村 友哉(4)29:51.5113:56.81出雲エントリー
吉田 祐也(4)14:02.1829:17.48
吉田 圭太(3)28:27.4013:43.54出雲エントリー
神林 勇太(3)29:23.5213:58.70出雲エントリー
松葉 慶太(3)30:25.3214:19.75
飯田 貴之(2)29:42.3414:07.55出雲エントリー
湯原 慶吾(2)28:53.5714:00.71出雲エントリー
岸本 大紀(1)-14:06.97出雲エントリー
大澤 祐介(1)-14:05.94出雲エントリー
中村 唯翔(1)30:04.6414:13.53

出雲のメンバー10人に3年生の吉田祐也選手、3年生の松葉慶太選手、1年生の中村唯翔選手が加わっています。


個人的に出雲もエントリー候補だった吉田祐也選手は昨年の全日本で5区区間賞を獲得した実力者です。コンディションが悪いのかと不安に思っていましたが、状態が悪くなければ全日本では頼もしい戦力になりそうです。


松葉選手とルーキーの中村唯選手は三大駅伝での出場経験はありませんが、記事によると絶好調のようです。1万3千メートルのペース走で、5000mの途中経過を自己ベストを更新するハイペースで通過したと書かれてましたので、1万m29分前半の実力はありそうです。


有力選手でエントリーから外れたのは3年生の岩見選手ぐらいで、ベストメンバーの布陣と見て良さそうです


現時点では1年生を中心とした新戦力が多く、戦力分析が難しいです。出雲駅伝には岸本選手か大澤選手のどちらかはエントリーされると(個人的には)予想していますが、1年生が区間上位で好走するようだったら今年の青山も強そうですし、新たな黄金時代を築くかも知れません。


反対に新戦力の力が足りなかった場合、現時点でエース級と言える選手は4年生の鈴木選手と3年生の吉田圭太選手ぐらいになってしまいます。そうなると選手が8人必要な全日本大学駅伝を優勝するのは非常に厳しいと思います。


結論としては、
青山学院大学の戦力は未知数!ということになりますが、優勝候補とは言い難いところはあります。まずは10月14日の出雲駅伝の結果を注目したいと思います。
3356

スポンサードリンク