先月の丸亀ハーフマラソンで不調ながらも自己ベストを更新する激走をしましたが、その後は花粉症などの影響もあってランニング回数を減らしていました。


今日は久々にかなり本気で走りました。
先月、丸亀ハーフでは1時間35分を切りましたが、既に走力は落ちたかなと思いきや。。。

Screenshot_20200316_223620

思ったよりも走れました。
これぐらい走れれば、少し本気で練習すれば絶好調に近い状態に戻れそうです。


私は部活などで本格的に陸上競技はしていませんが、大学駅伝ランナー達も骨折などで数か月練習を休んでも割とすぐに状態を戻してきますよね。(走れない時もきついトレーニングはしていると思いますが。)


陸上、特に長距離は実力アップするには大変な時間が必要ですが、1~2か月程度では力が落ちない競技なのかも知れません。


私のもう一つの趣味、将棋も強くなるのは非常に時間もかかります。その上、マラソンとは違ってタイム(数値)という明確な指標がないため、強くなった実感が湧きにくいです(笑)。ただ、将棋は1年くらい辞めてもそこまで力は落ちないと言われています。(あくまでアマチュアレベルの話ですが。)


継続して身につけた実力は少し休んでも落ちません。時間をかけているほど、自分の真の実力として身についています。「継続は力なり」という言葉は古臭いイメージがありますが、割と真理ではないでしょうか?


やる気が戻ってきたら、前よりも強くなれるように頑張ります。
スポンサードリンク