投資は自己責任でお願いいたします。


先週あたりから5~6年ぶりに株式を再開しました。


アベノミクスの波に乗り遅れてしまい、株価が上がっていくのをただただ見ていました。一応、塩漬けになっていた株を売却することはできましたが、私の世代(30代後半)は日経平均が1万円ぐらいの期間が長く、リーマンショックや東日本大震災で日経平均が6000円~7000円という時期も知っていたので、日経平均が15000円を超えたあたりからはどうしても購入意欲が起きませんでした


しかし、現在(3/22)は新型コロナウイルスショックで日経平均は24000円代から16000円代まで急落しています。健康被害などはもちろん心配ですが、株式市場的にはいよいよ購入チャンスが訪れたと思っています。


もちろん株価の底は誰にもわかりません


最悪のシナリオは、コロナウイルス問題の長期化⇒倒産企業が増える⇒連鎖倒産⇒失業者が増えて消費が落ち込む⇒さらに倒産企業が増える、というような負のサイクルで長期間に渡る景気の後退局面が訪れることです。リーマンショック以降、世界経済は10年近く成長していたので、逆のパターンになる可能性は十分あります。その場合は日経平均がまた10000円を割り込むことも想定しないといけません。


そういった可能性を踏まえても、私は株は買い時だと思っています。


その理由はシンプルに2つです。


①人口が増え続けている以上、マクロ視点で考えると世界経済はどんどん拡大する。ただし、日本経済全体が拡大するかどうかはわかりませんが、国際競争力のある企業は成長を続けるハズです。


②コロナウイルス問題は時期はわからないが必ず収束する。


私は海外の株式口座は持ってないので、日本で良さそうな企業をずっと探していました。いくつか候補はあるんですが、そのうちの一つがスポーツ関連の銘柄です。


スポーツ関連の銘柄は東京オリンピックが状況次第で大きく変わってくると思います。私は東京オリンピックは延期の可能性が高いと思っていますが、開催された場合はおそらく歴史的な盛り上がりを見せるからです


なぜかといえば、とんでもない困難を乗り越えて開催されたオリンピックになるからです。人はそういうストーリーが加えられることで感動が増すので、少なくとも日本人は異常な盛り上がりを見せるでしょう。そうなると必ず上昇する銘柄は出てきます。


私の趣味のランニング関係だと、アシックス(7936)、ミズノ(8022)、デサント(8114)などです。スポーツ全般で考えるとゼビオホールディングス(8281)などの小売が堅いかも知れません。あと、金メダルを取る日本人選手を予測して関連銘柄を買うのも面白いかも知れません。例えば渋野日向子選手が金メダルを取れば所属するサントリーの株は反応するでしょう。


もちろん損するリスクもあって、一番は東京オリンピックが中止になる可能性もある事です。さすがに中止になれば、スポーツ関連株は全く上昇の余地はないどころか、大きく下がるかも知れません。ただ、個人的にはどんな状況になっても中止にだけはならないと思います。


もう一つは延期の場合は2年後が有力になっている事です。権利関係の問題でこの案が浮上しているようですが、私個人的には凄くイヤです。2年も経てば若手が伸びてくるので、代表選考も考え直さなければいけません。そうなると悲劇の選手も多く出てくるので機運が盛り下がると思います。まぁ、これは私がアスリートファーストだからそう思うのであって、大会の盛り上がりとはあまり関係ないかも知れません。


また、ランナーはスポーツ関連株を買うことで割引券などの株主優待が手に入ります。仮に株価が下がっても、大きく損はしませんので、好きなメーカーや小売店などの株を買う事をおススメします


正直言うと、現時点でスポーツ関連株は私の本命ではありませんが(笑)、東京オリンピックの行方を見守ってチャンスと思えば全力買いに走ろうと思います。


money_yen_bill3

スポンサードリンク