数年ぶりに株を再開した私。今回のコロナ相場の先は全く読めませんが、非常に面白い値動きをしています。


観光業を中心にこれから倒産が増えると予想される中で不謹慎だ!という意見もあるかも知れませんが、株を買うという事は経済を助けることになります。全員が株を売ってしまって株価が下がれば、企業の資金調達は難しくなります。また株安による損失で債務超過などに陥ってしまえば銀行からお金を借りることも難しくなります。ですので、こういう急落した相場では自分が心から応援している企業の株を買うのが一番良い方法かも知れません。


もちろん、中小企業が倒産しないような国の支援策は必要になってくるでしょう。


さて、私は前回の記事でスポーツ関連株は買いだという記事を書きました。



この記事を書いた時点で私はオリンピックは延期だろうと予想していましたが、政府やIOCなどは表面上は今年のオリンピック開催を目指していた段階でした。


今週(23日)にガラッと潮目が変わり、安倍総理が五輪延期の選択もありえる発言をし、そこから色々な関係者が追随する発言をしたことで、事実上延期は確定となりました。(24日に延期が正式決定しました。)私はオリンピックが延期になった際は、もう一段株価は下がると思っていましたが、市場は織り込み済みだったようです。2日連続で株価は上昇し、本日の日経平均は1000円以上の爆上げとなっています。倒産や必業者が増えるのはこれからなので、このまま一気に株価が上昇するとは考えにくいですが・・・。むしろ、2番底、3番底がありそうと見てますが、それでも今は買いだと見て休日の3連休はどの銘柄を買うか一生懸命、吟味しました。


すると、間違いなく上昇すると確信した銘柄を見つけました


あえて、その銘柄を紹介しますが、この記事を信じて株を購入しても投資は自己責任ですので(笑)よろしくお願いします


今回、購入したのはGameWith(6552)です。


GameWithスマホゲームの攻略情報サイト「GameWith」の広告収入が収益の柱となっている会社です。私もこのサイトは良く閲覧しています。私のブログも少額ですが、広告収入を得ており、ビジネスモデルの大枠は理解できています。


購入を決断した理由は以下のとおりです。

1.有利子負債0で固定費はほぼ人件費なので倒産する可能性は極めて低い。
⇒この業界は極めて固定費が少ないです。個人ブログだとせいぜいサーバー代とドメイン代ぐらいで年間でも数千円ぐらいです。(私はライブドアブログなのでサーバー代も0)GameWithぐらいのサイト規模になるとサーバー代はそこそこ高価だと思いますが、製造業や小売業、飲食業などに比べると固定費は少ないので、無借金であれば倒産する可能性は極めて低いと思います。
 一方で、固定費が少ないということは資産が少ないということでもあってPBRは2.5倍ほどです。


2.今の時価総額が低すぎる。
⇒23日の株価は400円で時価総額は約75億ぐらいでした。毎年7~8億くらいの営業利益を出している会社なので、会社を買収しても10年で基が取れることになります。webサイトも競争が激しい業界ですが、GameWithはかなりしっかりしていると思います。


3.ゲームはコロナの影響が少ない
⇒スマホゲームは家でプレイできるので、巣籠需要があると見ています。企業の広告は減っている可能性はありますが、ゲームのプレイ時間や攻略サイトを見る時間は3月以降増えていると予想します。


4.ゲームは成長市場
⇒GameWithの売上は毎年伸びていますが、ゲーム市場全体も成長市場です。特にeスポーツの市場は伸びるだろうと言われています。海外展開にも期待したいです。
また、ゲーム攻略サイトは数年前は個人サイトが多かったですが、現在は企業が運営しているサイトが検索上位に上がってきます。私はこの流れが動画市場にも流れてくると思ってますので、そういった分野も成長が期待できます。


ほかにも理由はあるのですが、GameWithは最低でも600円ぐらいの価値があると思いますし、今まで買った株の中で一番自信があります。すでに私が購入した時から50円近く上がってますが、まだまだこれからでしょう。


唯一心配なのは、こういった記事を書くと大体、痛い目にあうという事ぐらいです(笑)。


あと、Twitterでインフルエンサーと言われる人たちの多くが売り煽りしているのが面白いです。これは素直に大恐慌が来ると予想しているのか、それとも市場を不安にさせて絶好の買い場を作ろうとしているのか、どちらでしょうか?


私は買い煽りをしていますが、長期にわたる下落相場になっている可能性も留意しないといけませんね。

graph_up

スポンサードリンク