新型コロナウイルスで外出はなかなかしにくい状況ですが、どうしても買わなければいけないものがあったので鳥取市へ行きました。


普段、買い物は岡山市へ行くことが多いのですが、鳥取県は新型コロナウイルスの感染者がいない地域なので行ってみました。


(鳥取県の方には大変申し訳ございません。ただ私が住んでいる岡山県北部も感染者がいない地域ですのでお許しください。)


私は最高の刺身が食べられる「おはよう堂」という店のファンで、今日もそこを目指したんですが、残念ながら休業だったので近くのラーメン屋に行きました。


店舗名:中富(なかふ)
住 所:鳥取県鳥取市南安長2-632-4
電 話:0857-21-7273


※最初に断っておきますが、本記事はグルメレポートにも関わらず写真は一切ありません。料理の写真は食べログなどをご覧ください。(笑)


ラーメンの種類は醤油ラーメン(650円)、味噌ラーメン(750円)。つけ麺もあったかな?
私はラーメンは1種類の頑固な店が好きですが、店がまえは絶対に美味しそうな雰囲気でした。


私は味噌ラーメンとライス中(100円)を注文。


基本、とんこつラーメン派の私ですが、結論から言うと最高レベルの味噌ラーメンでした


まず、スープは濃厚なんだけど凄く飲みやすい。時々スープに入ってくる大きめの刻み玉ねぎがあっさりした感じを出している気がしました。魚介と豚骨も入っているようで、味噌ラーメンというよりも豚骨味噌という感じがしました。


麺は太目でもっちりした感じで私の好きなタイプです。濃厚なスープと相性抜群でスープと麺のバランスが良かったです。


具材はチャーシュー、わかめ、海苔、めんま、きくらげ、ねぎが入っていたと思います。私はきくらげが入っているラーメンは採点が甘くなる傾向があります(笑)が、濃厚なスープときくらげも相性ばっちりでした。


唯一不満だったのは、チャーシューをもう1枚は欲しかったところですが、値段(750円)を考えると全然OKだし、肉はもう少し食べたいぐらいの量が丁度良いような気もします。


この店は鳥取市公設地方卸売市場のすぐ近くにあります。「おはよう堂」はわざわざ食べに行く価値があるお店です。「中富」はそこまでの特別感はありませんが、月1くらいで食べたくなるような味です。どちらに行っても損はしませんので、鳥取市のグルメスポットとしてこの市場は注目です。


おはよう堂の記事はコチラです。


スポンサードリンク