2020年のダービーはコントレイルの圧勝でした。


スタートから先行してバッチリ折り合い、直線は後ろの馬を待ってから仕掛ける余裕、追ってからの伸びも抜群でした。福永騎手は若い頃の失敗を多く見ているためか競馬ファンからは結構厳しい意見がある騎手ではありますが、ダービーで圧倒的な1番人気というプレッシャーでも落ち着いた好騎乗で円熟期を迎えたのではないかと思います。


(私も福永騎手で痛い目にあった事は何度かありますが(笑)、ルメール騎手やデムーロ騎手でも失敗する事はあります。福永騎手は注目を集めやすく、若い頃から多くのレースを見ているだけに、失敗した時の印象が強く残っていて損してる気がします。)


コントレイルについては以前の記事で「怪物の可能性はあるが、距離適性は中距離で菊花賞向きではない。」と書きました。その評価は変わりませんが、折り合いに不安はないので3000mは能力の高さでこなす可能性が高くなりましたね。

ダービーに出走した馬でコントレイルを逆転できそうな馬は・・・正直見当たらないです。菊花賞も最近はスタミナ勝負というレースにならない事も多いですし、超ハイペースorスローペースや超不良馬場になるなどの特殊条件にならない限り、コントレイルに付け入る隙は無さそうな気がしました。


あと、京都コース未経験ですが、あまり不安な感じはしません。今年は素直にディープインパクト以来の無敗の三冠馬誕生を見たい気持ちです。有馬記念かジャパンカップでアーモンドアイやデアリングタクトとの対決が見たいですね!個人的には有馬記念の方が好きなレースですが、アーモンドアイもう有馬記念には出ない気がするので、対決があるとすればジャパンカップですかね~。


もう一つ今年のダービーで気になったのは武豊騎手でサトノフラッグに騎乗し、11着という結果でした。道中に掛かった所があり、スローペースな展開も良くなかったし、馬自体の調子も(私の見解では)そこまで良く見えなかったのでこの結果は仕方ないかなと思います。ただ、サトノインプレッサ(4着)やマイラプソディー(9着)など自身のお手馬に負けた事で「武豊騎手は終わった」という厳しい意見を言っている人がいました。


私もNHKマイルカップのサトノインプレッサの騎乗には納得していませんが、一方でNHKマイルカップで無理をさせなかった事がダービーでの好走に繋がっている気がします。武豊騎手は馬の将来を考えて大きな負担を掛けない騎乗をさせていますし、馬が競馬を嫌いにならないように心がけている気がします。


最近の名馬だとリスグラシューは2歳、3歳時の主戦が武豊騎手でした。その時は2・3着が多くて勝ち切れない馬でしたが、古馬になってから急激に強くなって引退レースの有馬記念を圧勝しました。強くなったのは5歳になってレーン騎手が乗ってからですが、若い時に武豊騎手が丁寧に競馬を教えたからここまでの名馬になれた可能性はあります。


最近は少なくなりましたが、以前は短期免許でやってきた外国人ジョッキーが目の前のレースを勝つためだけの騎乗をし、その後に潰れてしまった馬をたくさん見ました。


近年の武豊騎手は確かに乗り替わってから活躍する馬が多いです。しかしそれも、名ジョッキーの証なのではないかと思っています。まぁ、サトノインプレッサのNHKマイルカップは2番人気だったし、もう少し勝ちに行く競馬をして欲しかったですが。


春のG1では結果が出ていませんが、平場では好騎乗を見せていますし、G1でもそろそろ神騎乗を見せてくれるのではないかと期待しています。
horse-racing-1577292_1280


スポンサードリンク