マラソン・駅伝・将棋ライフと雑記

マラソン・大学駅伝・将棋などの趣味と漫画、ドラマなどのエンタメ系の雑記を書いてます。

カテゴリ: 競馬

2020年のダービーはコントレイルの圧勝でした。スタートから先行してバッチリ折り合い、直線は後ろの馬を待ってから仕掛ける余裕、追ってからの伸びも抜群でした。福永騎手は若い頃の失敗を多く見ているためか競馬ファンからは結構厳しい意見がある騎手ではありますが、ダービーで圧倒的な1番人気というプレッシャーでも落ち着いた好騎乗で円熟期を迎えたのではないかと思います ...

5月24日(日)に行われたオークスはデアリングタクトが着差以上の強さを見せました。オークスの過去10年の勝ち馬には、その後に牡馬混合のG1を勝った馬が2頭(アーモンドアイ・ジェンティルドンナ)がいますし、負けた馬にもリスグラシュー(宝塚記念、有馬記念)やラッキーライラック(大阪杯)なんかがいて、重要度の高いレースとなっています。 ...

4/19に行われた皐月賞はコントレイルが着差以上に圧勝しました。1枠1番の難しい枠となったため、(おそらく)思ったよりも後ろからの競馬になったと思います。私も「これは厳しいのではないか?」と見ていましたが、第3コーナーを大外から捲ってきた時の脚は父親のディープインパクトを彷彿とさせました。 ...

今週は春のグランプリ宝塚記念が行われます。 私はダビスタで競馬を覚えたので、血統が好きなのですが、宝塚記念は血統好きとして非常に面白いG1なので、少し分析してみたいと思います。 ...

本日、平成最後のG1天皇賞・春が開催され、フィエールマンが快勝しました。 展開的にはフィエールマンは折り合いを欠いていたように見え、グローリーフェイズが完璧にレースを運びました。最後の直線も後ろから仕掛けた方が有利ですが、フィエールマンは後ろから来たグローリーフェイズに並ばれてから抜かせませんでした。 ...

↑このページのトップヘ